その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

事例紹介

2019年07月08日 (月)

ミラクル内装チェンジ

ファミリー自然/緑/水辺都心暮らし

ミラクル内装チェンジ
新しく購入したタワーマンションの内装は、とても暗い雰囲気でした・・・
所在地   東京都江東区
構 造   RC造
築年月   2009年
竣工月   2018年6月
コスト   580万円

湾岸エリアに新居を構えて

今回の舞台は、再開発進む湾岸エリア「江東区有明」。

街を歩いていると、建設中のビルやマンションが目に飛び込んできます。複合施設にタワーマンション、展示場、アリーナなど様々な大規模開発が同時に進むこのエリアは、『未来のその先』を見据え、いま注目を集めるエリアでもあります。

さて、そんな有明エリアの中心地・・・オリンピックTOKYO2020のテニス会場でもある「有明テニスの森」のほど近く。築9年の大型高層マンションが、今回の物件です。

物件を新しく購入された水谷さんは、生まれたばかりのお子さまと奥さまとの3人暮らし。お子さまの誕生とともに「新居」を探し始めたそうで、物件案内の日、ベビーカーで眠るお子さまとご一緒に、お部屋を内見させていただきました。

実は、某飲食企業の社長が住んでいたというこちらのお部屋。内装は「ラグジュアリー感のある落ち着いた雰囲気」と言ったらいいんですかね。

真っ黒なフローリングに、黒っぽい化粧建具、トーンを抑えた織物調の壁紙と、水谷さんの内装の好みとは、全然違う雰囲気で…

(洗面台) 石目調の洗面カウンター

(浴室) 特徴的なピンク柄の浴室壁パネル

洗面カウンターの柄も、浴室の壁パネルも好きではなくて・・・』『もう少しシンプルに、心地のいい雰囲気になれば・・・』と、内装を中心に手を入れていくことになりました。でも、内装って、家での「居心地」に関わる重要なファクターですよね。好きなモノに囲まれた暮らしは、自然と笑顔も増えると思います。

ただ、全体的に古くて使えなくなっている訳ではないので、改修の必要のない部分はそのまま使うなど、バランスを取りながら計画を詰めていきました。

また、使用感のあった機器類はこの際、交換することに。「高火力ガスコンロ」「ビルトイン食洗機」「浄水栓」「タンクレストイレ」と最新機器を導入して、より暮らしやすく。

 

大規模タワーマンションの改修工事

さて、そんなわけで、素材・設備をよく吟味して選んだら、工事は1か月ほどかけて。

大掛かりに改装する部屋は、まだ多くないらしく、長めの工期に少し驚かれることもありましたが・・・近隣承諾も、工事申請も無事に通りまして、予定通りに着工することができました。

フローリングを張替え中の頃。(床暖房マットも交換)

スライド蝶番を取り付けるのに、扉に穴空け作業中。

製作建具の吊り込み作業。

今回は、大規模なタワーマンションということもあり、建物への入退出は厳しく管理されていました。が、その分、業者用の運搬用経路や運搬用エレベータがあったので、その点ではやりやすかったです。

ただ、専用エレベータは1台しかなくて・・・。33階まである各部屋までの運搬をそれ1台でまかなっているものですから、よく配達のドライバーさんと一緒になって、上がったり下がったりを繰り返していました(笑)それがちょっと大変でしたかね。

まあ、とはいえ。工事は予定通りに終わりまして、初夏の頃、無事にお引き渡しすることができました。

 

さて、1年が経ち・・・

さて、改修から1年が経ち・・・水谷さんの生活も落ち着いた頃、ご自宅に訪問させていただきました。産休中だった奥さまもお仕事に復帰されて、また普段どおりの生活に戻ったご様子。お子さまも大きくなりましたね。

お休みの日にお時間いただきました。

でも以前のお部屋の雰囲気とはガラッと変わりましたね。キッチンの垂れ壁も撤去したことで、キッチンエリアも明るくなりました。お料理中もお子さまに目が届きやすくなったことと思います。

リビング横の居室は、お子さまの遊び部屋…の予定だったのですが、いまはまだ、そんなに使っていないようです。もう少し大きくなってからですかね。

さわやかな色で仕上げた壁には、ご自身でステッカーを貼られたそう。世界地図がステキな雰囲気つくってますね。

真っ黒だった床はアッシュの無垢フローリングに張り替えました。アッシュ材は、色調が「ナラ」にもよく似ているのですが、はっきりとした木目が特徴ですね。木目の浮き立つオイル仕上げで、美しい仕上がり。

床を変えると、お部屋の印象はグッと変わりますねぇ。

建具の改修は、メリハリをつけて。

リビングドアにはガラス入框戸を製作。発色のよい海外製塗料から塗装色をチョイスし、お気に入りの色で仕上げました。幅広の引戸はシナ材で製作し、こちらはオイル塗装で。

また、廊下に面するドアは、そのまま利用してリメイク。味わい深い質感が持ち味のアイアン塗料で仕上げました。

玄関から廊下を眺める

また、洗面カウンターも浴室もシンプルなモノに交換しまして…。
快適にお過ごしいただけていたら、幸いです。

洗面台はカウンターだけ交換。正面には白いボーダータイルを貼りました。

浴室はシンプルなカタチのユニットバスに。

それにしても、目の前がテニス会場というのは、羨ましい限りですね。来年はオリンピックですしね。ぜんぜん関係ない話ですが、私が申し込んだテニスの観戦チケットは全滅でした。1〜2回戦の外コートばかりだったのに・・・当たらないものですね。

でも、世界的なトッププレイヤーがここに集まってくるわけですから、テニスファンでなくても、チケットが取れた方にはぜひ熱戦を楽しんでもらいたいものですね。

バルコニーからの眺め。有明の聖地が見える。

水谷さん、ありがとうございました。

お問い合わせはこちらから