その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

事例紹介

2017年03月18日 (土)

ウォークイン収納を小分けに

1〜2人暮らし部分的な都心暮らし

ウォークイン収納を小分けに
「ざっくり」と区切られていたウォークイン収納を、夫婦 2人暮らしにあわせて、小分けにしました。
所在地    東京都渋谷区代々木
構 造    SRC造
築年月    2002年
竣工月    2017年02月
コスト    130万円

3つの収納スペース

都内の病院にお勤めするEさまご夫妻は、ともにお医者さまというお2人。 忙しい毎日の「拠点」にと、都心のど真ん中に、築15年のマンションを購入することにしました。

場所は『 新宿駅 徒歩6分 』という好立地。59.4m2・2LDK というタワーマンションの一室です。(ちなみに、下図が部屋の間取りです。)

ただ・・・

2人暮らしのEさまにとって ちょうどいい広さではあるものの、収納は「ざっくり」と区切られた3箇所のみ(あるのは、部屋に付属するウォークインクローゼットが2つと、玄関向こうのシューズインクローゼットが1つ)。

シェアルームならまだしも、Eさまにとってこのレイアウトは少し使いにくいのでは?と、ウォークイン収納の一つを小分けにしては?とお話しさせていただきました。

今回、改修した洋室のウォークイン収納スペース

リビングと洋室の間に、引戸を付けたい』というご要望もあり、改修のプランは以下のとおりに。

こうすれば、廊下側から使える「物入」、リビング側から使える「リビング収納」、居室から使える「クローゼット」と、上手く小分けにすることが出来そうです。

また、間仕切壁の位置も動かさなくて済むので、工事コストも抑えられ、かつ収納したいモノのサイズに対しても、ちょうどよい奥行感におさまりそう。

と、プランも気に入っていただきまして・・・ このまま工事もすることになりました。

 

既存を活かした部分工事を

内装は 比較的新しいので、既存を活かしながらの工事となりました。利用できそうなところはすべて残して・・・というわけで、まずは、解体から。

解体後の様子

また、その後の下地工事も、仕上げ工事も必要な分だけ。もともとのレベル(水平・垂直)が悪いところは、大工さんに調整してもらいながら・・・工事は進んでいきました。

大工さんがクローゼットスペースを造作している様子

クリーニング作業中

そして、完成へと。

完成した新設クローゼット

新たに設置した3枚引き込み戸

あわせて、寝室のカーペットもフローリングに貼り替え・・・。

既存:カーペット

新規:遮音フローリング(朝日ウッドテック ライブナチュラル ネダレス95 /バーチ)

工事後、Eさまからは『当初よりだいぶ暮らしやすい部屋になって、満足しております。』と嬉しいメールをいただきました。

新生活を後押しできていれば、幸いです。