その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

事例紹介

2017年04月04日 (火)

戸建賃貸の住みごこち向上計画

賃貸リノベ

戸建賃貸の住みごこち向上計画
生活のイメージが しにくかった一戸建の賃貸物件。「2階」をワンフロアにして、住みごこち改善につとめました。
所在地   東京都品川区
構 造   RC造/18.48m2
築年月   1979年
竣工月   2016年12月
総コスト  90万円

「2階」をワンフロアに

目黒駅から徒歩5分、狭小変形地に建つ3階建ての一戸建が、今回の物件です。 傾斜地に建つこの建物は、2階に「玄関」があり、1階は「半地下」となっております。

そんな物件を『投資用に』と、新たに購入されたMさん。部屋を整えたいとご相談をいただきました。ちなみにこちらが元の間取り。

室内は既に改装済みなのですが。ただ、これがなんとも生活しにくそう。

物件もしばらく売れなかったそうで・・・。よくよく見ていると、部屋が「縦」にも「横」にも分断されていて、くつろげるような場所がないのですね。

それでも「借り手さんに『ここで、生活してみようかな』と思ってもらえるように」と、限られた予算のなかで「2階」を改修することになりました。

2階 玄関ホール|天井が低く、またドアも重なったりと、何かとせせこましかった。

2階 ダイニング|ダイニングテーブルを置くと、もう「スペース」が取れない個室ダイニング。

そこで、2階の間仕切壁や天井を取り払い、ワンフロアとすることに。

【改修後の間取り】

2階をワンフロアとすることで、「LDK」を介して、3階が「寝室」、1階が「水回り」という分かりやすいエリア構成にもなりました。こうすることで、2階を中心にした暮らしが、ちょっとずつ見えてきそうです。

というわけで、工事も3週間かけて実施。 天井は躯体そのまま現しにして、天井高を確保。

スチールの手すりも再利用して、不足部分は木製手すりで補強、造作しました。

壁と床には、杉板と杉のフローリングを貼り・・・

どうでしょうか。

以前よりは、生活がイメージできるようになったのではないでしょうか。
間取りを少し変えただけだけど、暮らしの可能性は広がったかな?!と思います。

「家」としての住みごこちが良くなっていれば、これ幸いです。

お問い合わせはこちらから