その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

事例紹介

2016年07月04日 (月)

お父さんが泊まれるように間仕切りを

1〜2人暮らしウーマン部分的な都心暮らし

お父さんが泊まれるように間仕切りを
渋谷区で一人暮らしをする高橋さん。「たまに来るお父さんが泊まれるように」と、新居のリビングを一部 間仕切ることにしました。
所在地    東京都渋谷区
構 造    RC造
築年月    2010年
竣工月    2016年04月
総コスト   30万円

リビングにかんたんな間仕切りを

音楽関係の会社に勤める高橋さん(30代)は、渋谷区で女性一人暮らし。

「このまま賃料を払い続けるのももったいないしなあ・・・」と、賃貸マンションの更新を機に、思い切って家を購入することにしました。

そこで新たに探したのが、京王新線沿いの築浅マンション。「物件は1ヶ月ほどで見つかりました」と新居を見つけるまでは割と早かったようです。ちなみに間取りは、53m2の1SLDK。築は6年と、内装もまだまだキレイな物件でした。

「お父さんが、週に一度 仕事で都内に来る予定なので・・・ここで泊まれるように。」と、今回はリビングの一部を間仕切ることに。

「こんな感じでできれば・・・」と、パタパタとたためる間仕切りパネルの写真を、最初に見せてくださいました。既にショールームでも確認いただいたようで。

ですが、「たたみ代(たたんだ時に出来る商材の厚み代)が思っていたより出てくるね。」とのお話から、最終的にはパネルをやめて、バーチカルブラインド(縦型タイプのブラインド)を取り付けることに。また、あわせてキッチン前の開口部も、ロールスクリーンで目隠しすることになりました。

工事中|天井吊りなので、下地補強のあと部分的にクロス貼り。

ビフォー→アフター

ハウスクリーニングも含めて作業は3日で無事に終了・・・ひと段落して落ち着いてきた頃、ご自宅にお邪魔させていただきました。

リビングに入らせていただくと、とてもキレイな印象の高橋さん宅。家具も入り、爽やかなインテリアでまとめられています。

で、肝心の間仕切りはというと・・・

高橋さんが仕事から帰宅する頃には、既にお父さんは寝ていることも多いようで。いつも間仕切りが閉まっているので「おっ、今日はいるんだな。」というパターンみたい。どうやら、ブラインドもロールスクリーンも、上手く活用いただけているようです。

将来は、湘南エリアに住んでみたいと高橋さん。サーフィンは昔かじった程度だけど「海が好きなんです」と、お部屋はマリンテイスト溢れる雰囲気。

「生活圏は前と大きく変わらないけど、会社まで近くなりました」と、新生活も無事にスタートした模様です。背中を後押しできていれば、うれしい限りです。