その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

事例紹介

2014年04月09日 (水)

ホリゾンブルーの箱

フルスケルトン賃貸リノベ

ホリゾンブルーの箱
27m2のワンルーム賃貸をリノベーションして、水回りをまとめた「ホリゾンブルーの箱」をつくりました。
所在地   東京都杉並区久我山
構造    RC造
築年月   1977年
竣工月   2014年03月
施工面積  27m2
※つむぐ工務店×みのり制作室

久我山のワンルーム

久我山の賃貸リノベ第二弾!!今回は27m2のワンルームです。

とは言っても、もともとは1DK。 水回りは3点ユニットで構成された、よくある間取りの賃貸物件でした。

もともとは、ダイニングスペース

プラス、ワンルームの間取り

まとめられた3点ユニットバス。

ただ、この物件には隠されていたポテンシャルが・・・。

実はこの物件、天井のふところがとても深かったのです。そのスペース、なんと60センチ。普通こんなにありません。天井材を撤去すれば、天井高:3Mの空間が出来そうです。

部屋の真ん中を走る「梁」の下に、もともと天井が組まれていました。

なので、今回は

・3点ユニットを解消して まずは水回りの箱をつくる。 ・天井高を活かし、水回りの箱の上にロフトをつくる。

そんな縦に構成のある、計画となりました。

水回りの「箱」

解体後|フルスケルトンの状態。

工事中|水回りの「箱」の下地を作成中。

工事中|仕上げ前の「箱」。タラップの取付箇所には補強下地を。

「箱」の壁には水色の壁紙を貼り、、、ホリゾンブルーの箱ができあがりました。

完成|さわやかな壁紙と建具が吊り込まれ完成。

ちなみに「箱」の中身は、こんな感じ。

箱に出入りする2枚のトビラはアウトセット引戸。レールが見えない納まりなので、トビラがそこにつっ立ってるように見えます。

ちなみにこの扉・・・壁色にも合うよう、少しだけグレー色の入ったポリ化粧合板で。

ロフトスペースは、物置スペースとして。

(左)中央のタラップ (右)サイドのタラップ。奥はクローゼットスペース。

ロフトに上がる為には、黒のタラップを取り付けました。お部屋のポイントにもなりましたね。

 でも、よくよく見てるとなんだか基地っぽいですね。小さなお子さんがいるときっと遊んじゃうだろうな・・・。タラップは、なにか引っ掛けて使うことも出来そうです。

あと、写真では分かりにくいかもしれませんが、実際の空間は気持ちいいくらい開放感があります。天井高が、3Mありますからね。

普段あまり高さを意識することもないからこそ、「あー、なんだか広々していて気持ちいいなあ」と感じるのかもしれませんね。

おかげさまで募集間もなく入居者も決まったようでして・・・何よりです。

ホワイトのシンプルキッチン。

お問い合わせはこちらから