その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

事例紹介

2014年03月10日 (月)

相性のいい色をひとつ加えてみる

賃貸リノベ

相性のいい色をひとつ加えてみる
所在地   東京都杉並区久我山
構 造   RC造
築年月   1975年
竣工月   2014年01月
施工面積  40m2
※設計パートナー campsite,inc.

築38年。RC造の賃貸マンション

京王井の頭線「久我山駅」徒歩2分の賃貸物件。

人気沿線の駅近物件で、しかも隣にはスーパー。急行に乗れば、渋谷まで20分ほどの好立地の2DKです。

だけど、築は38年。何かと古い・・・。また、脱衣所がなかったり、ダイニングがせせこましかったり、洗面が丸見えだったり・・・。

このままではなかなか貸しにくいと、今回、オーナーさまからの依頼でリノベーションすることになりました。

賃貸用のプランニング

元の間取りは、廊下から浴室に入る動線でしたので、まずは脱衣スペースをつくり、そこに洗面台も設置することに。水廻り部分を集中させ部屋の真ん中にコアをつくり、壁色には挿し色として「渋めの青」をチョイスしました。


小さいながらも洗面・脱衣スペースを新たにつくった。


部屋の中心にある壁は、ぐるっと渋めの青に塗装

寝室スペースとリビングスペースは分けられるよう、間仕切り用として3枚の引き戸を用意しました。1枚だけでもがらがらーっと動かせるので、お好きな位置に壁をつくることもできます。

不要な間仕切り壁は取り払い、4つの窓すべてから光が差し込むオープンな空間になりました。


壁はとっぱらってオープンに。4つの窓から光が届き、暗い印象だった部屋がとても明るくなりました。

挿し色を入れてみる

洋服もけっこうキレイ目が好きなワタクシですが、今回の内装もキレイ目な印象。

壁、天井、建具は、白をベースにした室内なのですが、そこに表情のある継ぎ無垢フローリングと、挿し色の青色を加えた、キレイ目かっこいい空間に仕上がっています。


再利用した和紙の障子。引き戸を引けば、個室にも。

新しくしたミニキッチン

相性のいい色をひとつ加えることで、見た目の印象はぐっと変わるんですねえ。色を何色にするかは、好みの色でいいかと思うのですが、まわりとの相性とバランス、見え方には注意してみて。キッチンに使ったグリーンティー色のタイルもポイントになりました。

また、コスト面から真っ白なメーカー建具を採用しましたが、取っ手だけ「木のつまみ」に替えて、かわいらしい印象に。使えるワンポイントコーデですね。

DSC_0571