その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

事例紹介

2015年08月07日 (金)

リビングルームに娘の居場所を

1〜2人暮らしウーマン部分的な

リビングルームに娘の居場所を
親子(母と娘)2人暮らしのKさん。新居のリビングルームに「娘さまのスペース」を新たにつくることになりました。
所在地   東京都文京区
構 造   RC造
築年月   2005年
竣工月   2015年07月
総コスト  70万円

コーナー間仕切りを設置しました

中古で購入した新居のリビングダイニングは、L字のかたちをした16帖。

「親子(母と娘)2人暮らしにはちょっと大きいかも?」とリビングの一部を ”娘さまの部屋” として間仕切ることとなりました。フレキシブルに使えるようにコーナー間仕切りを設置しましたので、以下、ご紹介したいと思います。

それでも、もとはと言うと・・・まだまだ状態のいい築浅マンション。大体的に改装するというよりは、最低限の部分リフォームで、1LDKを2LDKへと変更することに。


吊り建具の下地補強中。スイッチも移設する為、少しだけ袖壁もつくりました。


最低限のクロス貼。もともとの壁紙に近い柄を貼って、内装を統一。

リビングスペースの床には床暖房もあったので、誤って床暖房にビス打ちしないよう、敷居のない上吊り建具を採用しました。段差もつくらず、部屋とリビングがバリアフリーなのがいいですね。フローリングも既存のまま。


上枠に取り付けたレール。


下にはレールなし。ピボットと呼ばれる、建具の振れ止め金具だけ付いています。

オープン時。


間仕切りを閉じたら、こんな感じ。もともとの内装とも違和感なくおさまりました。

Kさんからも「娘も、新しいお部屋を大変気に入っております。」「寝るときもお勉強のときも常に目が届き、本当に実用的です。」とメールを頂きました。新生活の一助となれていれば、嬉しいかぎりです。