その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

読みもの

2017年05月23日 (火)

脱衣所、トイレにウッドデッキすのこ

プロダクト/アイデア

脱衣所、トイレにウッドデッキすのこ
少し「変わった」つくりをした今回の水回りスペース・・・段差を解消するため、ウッドデッキすのこをつくることになりました。

都営住宅の水回りスペースに

都内の都営住宅にお引越しすることになった Eさん。

だけど、その水回りスペースはちょっと変わったつくり・・・というのも脱衣所、トイレ、浴室それぞれに「よいしょ。」とまたがないといけない大きな段差が。

水回りスペース(当初)|床は勾配のついた防水床となっている。間仕切りとの間には15センチほどの段差が。

高齢のEさんにとって(高齢でなくても)このままでは使いにくいと『段差を解消しましょう』ということになりました。というわけで、脱衣所とトイレにはウッドデッキのすのこを製作することに。

ウッドデッキのすのこをつくる大工さん。デッキ材はウリン(幅90mm×厚さ20mm)。

賃貸物件なので「すのこ」は固定せず、置くだけに。ただ、パッキン材を詰めてずれないようにしています。また、デッキ材にはウリンを使用しました。

ウリン・・・「100年腐らない木」といわれるほど丈夫で 耐久性に優れている木。防虫性に優れており、シロアリにも強いのも特徴。 「アイアンウッド」とも呼ばれる。非常に硬く重い木なので、加工は大変だが、メンテナンスはほぼ不要。

脱衣所|上がり框の高さに合わせて・・・

 トイレ|座ったときの高さに留意して、ここは5センチほどの高さに

元来 外で使うモノなので、もちろん濡れても大丈夫。木の温もりある「ウッドデッキすのこ」ができあがりました。

お風呂場にも、浴室専用すのこを設置して・・・足元を気にせず過ごせるようになってもらえていれば、幸いです。