その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

読みもの

2016年09月14日 (水)

照明を簡単にセンサー付きに

プロダクト/アイデア

照明を簡単にセンサー付きに
照明を簡単にセンサー付きにする方法をご紹介します。

照明をセンサー付きにする、って?

よくマンションなどで、玄関に入るとセンサーが反応して、「ぱっ」と照明が付いてくれる、あれです。買い物帰りなど、両手が塞がっていても自動で点灯してくれて、とても便利ですよね。消し忘れにも、電気代の節約にもなります。

だけど、そもそもこの自動点灯システム。センサー付きの「スイッチ」で反応させていることがほとんどでした。

だけど、それだと「スイッチ」のデザインが限られてしまいます。

「海外製のスイッチ」や「レトロなスイッチ」を取り付けたいと思っても、センサー式に対応していない、ということもしばしば。

また「スイッチ」を「センサータイプ」に変えたいと思っても、結線作業が必要になるので、工事を頼まないといけなかったり。

でも、このシステム・・・最近では、こんな方法で簡単にできるようになりました。

それは・・・電球をセンサータイプに交換するだけ。
これだけで、照明を自動点灯に変えられるんです。

人感センサー付きLED電球|こちらは、斜め取付け専用タイプ。電球の側面にセンサーが付いています。

取付例。浅型のダウンライトは、こうやって横向きに取り付けるモノが多いです。

下の電球は下方向タイプ。ここでは、キッチン照明をセンサータイプにしました。

人感センサー付きLED電球|下方向タイプ。電球の頭にセンサーが付いています。

下方向タイプの取付例。

他にも、洗面やトイレ、ウォークインクローゼットなどにもよさそうですよね。一時的にしか照明を付けない場所に適しているかと思います。

実は、この技術。ひと昔前から既にあったのですが、蛍光灯型電球では、ON-OFF時に大きく電力を消耗するのでセンサータイプには不向きでした。商品数も少なく高価でして。

だけど、LED電球が普及したことにより、一気に商品数も増え、安く手に入れられるようになりました。

 

注意点としては・・・

ただ、注意点としては、空間が既に明るいとセンサーは反応しない、ということでしょうか。

窓があって光が差し込むような場所では、日中はおそらく付きません。「電気代の節約になっていい」と考えることも出来ますが、照明をコントロールしたい場所には不向きかもしれませんね。

まあ、センサーを手で隠せば、一時的に点灯させることはできると思いますが。

 

センサー付き器具もあります

あとは、器具自体にセンサーの付いた、こんな商品もあります。

AVANTEK  LED人感センサーライト/USB充電式

USBケーブルで充電でき、マグネットで好きな場所に取り付けられるようになっています。

毎度、充電する手間はありますが、電気工事が必要ないので、もともと照明がなかった場所に「明かりが欲しい」という時に使えるかと。

キッチン手元灯使用例。

ここではキッチンの手元灯として使用しておりますが、クローゼット内の手元灯や、棚下灯としてもいいかと思います。

キッチン灯を自動点灯にしておくと、夜中、冷蔵庫の飲み物を取りに行く時なども「パッ」と照明が付いてくれるので、意外に便利なのです。