読みもの

2016年07月07日 (木)

メープルの3本脚スツールをつくってみました

プロダクト/アイデア

メープルの3本脚スツールをつくってみました

次に、脚をつくっていきます。まずは脚の根元の加工から。座面に突き刺す凸の部分をつくり、

旋盤という機械を使って、丸く削っていきました。ここの精度は、0.1mm単位。

脚先と頭もこんな風に丸く加工。

根元から足先にかけて細くつくるので、鉋(かんな)を使ってさらに削っていきます。

鉋(かんな)で削ったら、サンドペーパーで研磨して・・・こんな感じに。

さて、脚ができたところで座面に穴あけ。と思ったら、穴がブカブカ。実は、ピット(穴を空ける工具)のサイズを間違えてしまいました。

だけど、これくらいではめげません。

座面裏に薄い板を貼り付けて補修することに。同じメープルの材を貼ってもよかったのですが、せっかくのトラブルもデザインに取り込もうとウォルナット材を貼ることにしました。

再度穴あけして、今度こそ。次はぴったりハマりました。

では、仕上げていきます。

下面が大きく湾曲したこんな鉋(かんな)を使って、座面を削っていきます。お尻が心地よく乗っかるようすり鉢状に。

メープル材のかんなくず。

次に粗めのサンドペーパーで研磨、研磨。ここは地味な作業が続きます。

徐々に目の細かいサンドペーパーに持ち替え、表面をさらに滑らかに。親指の腹が軽いヤケドで水ぶくれになりながらも・・・

脚もサンドペーパーで研磨して、こんな感じ。

脚と座面を接着したら、最後に仕上げの塗装です。今回はウレタン塗料を2回塗り。塗料を拭き取り、乾いたら完成です。

手がかかった分、愛着がわきます

さて、半年かかった今回のスツールづくりですが、手がかかった分だけ喜びもひとしお。ただただ眺めているだけで、なんとも愛おしく思えてきます。

3本脚なので「なんとなく・・・大丈夫?」という声もいただきましたが、座ってみたらなんてない。見た目以上にしっかりしています。頑張って支えている感じが、なんだかいいですね。

ただ、ある一定の横方向に力を掛けるとやっぱり少しは倒れやすいです。まあ、普通に使っている分には問題ないですが。

チークの床にも映え、なかなか愛らしいです。

永く大切に使っていきたいと思います。

教えてくれる人
ACROGE FURNITURE(アクロージュ ファニチャー)
住所 埼玉県所沢市牛沼347-61 ※2016年7月に移転します!
TEL 04-2992-3646  ※番号も移転後変わります!詳しくはHPにて
MAIL info@acroge-furniture.com
http://www.acroge-furniture.com

(これで終わりです。)

 2  この記事は全2ページです。