その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

読みもの

2016年07月23日 (土)

これならできるかも!エコカラットでDIY?!

プロダクト/アイデア

これならできるかも!エコカラットでDIY?!
エコカラットをカットして、窓のまわりに貼ってみた事例。もしかしたら、これくらいならDIYでもできるかも?!とタイルの職人さんにエコカラットを加工する方法をあわせて教えてもらいました。

エコカラットでDIY?!

「エコカラット」とは空気を整えてくれるインテリア建材・・・ジメジメした湿気を調整してくれたり、嫌なニオイを脱臭してくれる優れもののタイルなんです。

今回はそんなエコカラットを、湿気の多い部屋の壁一面に貼る予定でしたが、少し材料が余ったので、窓のまわりにも貼ることになりました。

壁に貼ったのは、300□のエコカラットだったので、100×300のサイズにカットして、専用の接着剤で貼っていきました。見ていると、割とシンプルな工程・・・これくらいならDIYでもできるかも?!と、タイルの職人さんにいろいろと教えてもらいました。職人さんも丁寧に教えてくれて・・・

こうやって、カッターで切れ目を入れたら

両脇を持って、力を「ぐっ」と入れて

「ぱきっ」と割ります。

カッターも普通のカッターでオッケーとのことで、切り口を紙ヤスリで研磨したら、あとは専用の接着剤で貼っていくだけ。ね、かんたんでしょ。

あと、見ていて思ったのですが・・・なんだか小さい頃にやった「カタヌキ」みたいだなと。知ってます?「カタヌキ」。動物や花などが描かれた板状のお菓子で、型を抜いて遊んだりするものなのですが。

こういうのはお子さんに「動物」などの絵を書いてもらって、その型を抜いて飾ったりするのも楽しいのかも?!なんて漠然と。梅雨時期には、湿気を吸ってくれる「てるてる坊主」なんてのもいいかもですね・・・ちょっとカタチが複雑かな。

ただ、注意点が一つだけ。もともとの壁紙が剥がれかけていたり、接着などが悪いときは、エコカラットの接着剤の引っ張り力とその重みで壁紙ごと剥がれてしまうこともあるようです。まあ、これくらい小さいサイズなら、大丈夫な気もしますが。

参考になれば幸いです。