その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

読みもの

2016年07月11日 (月)

こんなところで暮らしてみたい!人もネコも暮らす街−世界遺産ドゥブロヴニク−

ライフスタイル

こんなところで暮らしてみたい!人もネコも暮らす街−世界遺産ドゥブロヴニク−
美しい街並みにうっとりしてしまうクロアチア・ドゥブロヴニク旧市街。その美しさから『アドリア海の真珠』とも呼ばれています。世界遺産にも登録されているこの街は、実は知っている人は知っているネコの街。今回は、人もネコも暮らす街ドゥブロヴニクを紹介したいと思います。

ここはネコの街?!世界遺産ドゥブロヴニク

クロアチアのドゥブロヴニク旧市街は、アドリア海に面する城塞都市。『魔女の宅急便』や『紅の豚』のモデルとも言われており、紺碧の海にオレンジの屋根が映える本当に美しい街です。

世界遺産にも登録されているそんなドゥブロヴニクですが、実は知る人ぞ知るネコの街。「世界ネコ歩き」で知られる動物写真家の岩合光昭さんも訪れたみたい。

街を歩いていると、いたるところでネコたちを見かけます。
こんな路地に入り込むと、ふと出会ったり。

家と家の間にある塀を悠々と歩いていたり。

道ばたでふと出会ったり。

誰かが飼っているという訳でもなさそうなのですが、ここドゥブロヴニクではいつもの光景といった様子。ネコくんたちは、街を自由に闊歩しています。

また、港近くには、アドリア海で獲れた新鮮な牡蠣やムール貝などを振る舞ってくれるレストランもあったりして。

それを狙ってなのかネコたちも。

ごみを漁らなくても、食べものは足りているのでしょうか。人との距離も近く、街にも、ここの人の暮らしにもネコは溶け込んでいるようでした。

あとは、気持ち良さそうに眠るネコを見つけたり。

家の屋上で日なたぼっこしていたり。

観光で訪れる人も多いためか、ネコたちの方も人には慣れているようです。

誰のネコというわけでもないですが、街を歩けば、ネコに出会って。気になるネコを見つけては、追いかけてみて・・・そんな「ネコのいる暮らし」もなんだかいいですね。『耳をすませば』みたい?!

もちろんジブリ好きでなくても、一度は訪れてみたい街ドゥブロヴニク。美しすぎて、どこを切り取っても本当に絵になる街です。