その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

読みもの

2017年08月17日 (木)

特集|🇫🇷 パリを訪ねて 2017

トラベル

#06パリ郊外で見つけた「団地」

特集|🇫🇷 パリを訪ねて 2017

06|パリ郊外で見つけた「団地」

最後はおまけ。

写真は、パリ郊外・ポワシーで見かけた集合住宅です。よくよく見ていると、そう、まさに「団地」なんですね。広い敷地に、緑豊かな植栽、近くにはスーパーがあり、5階建てで、エレベーターなし。

日本の団地は、やはり欧米がモデルなんでしょうかね。日本で、鉄筋コンクリート造の集合住宅と言えば、1920年代に建てられた「同潤会アパート」が最初の頃らしいのですが、それより古いとするならば、築年数は100年くらいになるのでしょうか。

ちなみに、玄関だけはオートロックとなっていました。

道ばたでは、顔見知りの2人なのか何やら立ち話し。

それにしても『たまご、いくつ買うんねん!』とツッコミ入れたくなりますね。どんな部屋で、どんな暮らしをしているのかも、とっても気になるところです。

特集|パリを訪ねて 2017 は、
これで終わりです。
ご拝読、ありがとうございました。)