その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

読みもの

2016年07月07日 (木)

『メープルの3本脚スツール』をつくってみました 

プロダクト/アイデア

『メープルの3本脚スツール』をつくってみました 
木工教室に通い始めてはや1年。知識も技術もまだまだだけど、メープルの3本脚スツールをつくってみました。でも、こうやってただただ眺めているだけで、なんとも愛おしく思えてくるんです。気に入った椅子が見つからない!愛着が持てる椅子が欲しい!そんなときは自分のオリジナルをつくってみるのもいいかと思います。

木工教室でスツールづくり

木工教室で、釘やビスで接合しない手加工の技術を修練しています。(「アクロージュファニチャー」の岸さんに教えてもらっています。)次なる課題はスツールづくり。「白木のような木肌色で、シンプルなスツールがいいなぁ」と、まずはなんとなくのイメージを形にしていくことから始まりました。

最初に描いた図面。当初は4本脚で考えていました。

強度や材料の有無、手間や訓練になるかどうかなど、岸さんに相談しながらかたちを考えていきます。当初は、4本脚を考えていましたが、3本脚もいいなあと思いはじめて。

ただ、3本脚の椅子は転倒しやすく、PL法(製造物責任法)でも規制の対象となることから、製造・販売を控えるメーカーが多いみたい。

なるほど・・・でも、それならなおさらいいかと思い。自分のためのスツールだし、せっかくならと3本脚に挑戦してみることにしました。ちなみに材はメープルにて。

図面を描いたら、早まる気持ちも押さえ、まずは模型づくり(1/7スケール)から。

実際にメープル材をつかって模型づくり。座面をどういう形状にするか少し悩みました。

でも、模型づくり、大事でしたね。細かなディテールを考えるには特に。模型を見ながら「もう少しこうした方がいいかなあ」など、いろいろと考えるきっかけにもなりました。

さて、プロポーションも決まったところで、本格的につくっていきます。材料はいつものように教室で用意してもらいました。

こんな風に「ここの部分をこう座面にして・・・」と木取りしていきます。

木取りができたら、カットして、平面と直角を出し・・・

表面を削るとキレイなメープルの木肌があらわに。

さらに材を切り出し・・・3枚の板を接合して、座面をつくります。

接合部の木目の通りを揃えるため、まずは材の調整。

側面に溝をつくったら、ビスケットと呼ばれる(名前の通りお菓子のビスケットに良く似た木製チップ)ジョイント材を差し込み、

接着したら、丸く切り取ります。機械でも丸くできるけど、せっかくなので手加工で。

少し大きめに切り取ったら、台紙を当て、トリマーで「まーるく、まーるく」

下板も同様につくったら、接着しました。(下写真は細ビスで仮止めしているところ)

つづきます →

 1   この記事は全2ページです。