その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

読みもの

2016年05月16日 (月)

連載|LAからの不定期便

カルチャー

#008ダウンタウンでアートとクラフトビールを

連載|LAからの不定期便
L.A.からの不定期便は、ただ今 むらたがジャック中。今回は、ダウンタウンで見かけた アートとクラフトビールについて。ちなみに、次回から通常の不定期便に戻ります。

ダウンタウンでアートとクラフトビールを

ロスのダウンタウンを歩いていると、いろいろなアートに触れることができます。

ダウンタウンで見かけた大きな壁画。オバマ大統領? 大きなビルの外壁に彫り込んで描かれていました。


アーツ・ディストリクトで見つけたグラフィティ(落書き)。けっこう有名なものらしい。


こちらもアーツ・ディストリクトにて。


道路にも。

特に、倉庫街の雰囲気が残る Arts District(アーツ・ディストリクト)地区では、いろいろなグラフィティ(落書き)を見ることができました。

かつては、倉庫に住むアーティストらが不法占拠していたという、この アーツ・ディストリクト。ただ、現在ではそれも合法的に認められ、ロサンゼルスでも人気の表現の場となったようで。街はアートで、クリエイティブな空気感が、流れていました。

そんななか、ひときわ目をひく建物が・・・。


大きな壁面からの視線にドキッ!とする。/Angel City Brewery

建物の中では、なにやら若いヒトたちで賑わっています。(この日は日曜日。)

「なんだろう?」と中を覗いてみると、ビール片手になにやらワイワイ。中ではビールが飲めるようです。入り口では、スーツを着た黒人のお兄さんが、IDチェックしています。

パスポートを見せれば、フツーに入ることができました。

・・・

実は、ここはBrewery(ブリュワリー)。ビールの醸造所なんです。クラフトビールが飲めるとあって、人気もあるようで。カウンターの前にはけっこうな人だかりが出来ていました。しかも、クラフトビールの飲み比べも出来るみたい。


カウンターの前は、ビールを注文するヒトたちでいっぱい。


せっかくなので、出来たてのクラフトビールを一杯。


すぐ横には、でっかいビールのタンクが・・・


いろんな人たちが、思い思いの時間を楽しんでいるようでした。

醸造所なので、基本的にビールのみの提供ですが、食べ物は持ち込みOKらしく、みんな何かしら持ち込んでいるみたいでした。ただ、フードトラックが来ているので、スナックや軽食の販売もあり、ぽっと行っても大丈夫かと。

イベントも定期的に開催しているようなので、LAに行かれた際は、クラフトビールを味わってみるのもいかがでしょうか。最近では、クラフトビールを出すレストランも増えたようですし、おいしい料理と一緒にクラフトビール、なんてのもいいですね。