その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

読みもの

2016年06月13日 (月)

密かに妄想ー北杜市で小屋暮らし計画

ライフスタイル

密かに妄想ー北杜市で小屋暮らし計画
自然あふれる場所で「小屋暮らしをしてみたい!」なんて憧れたことはありませんか?不便なことは多いかも?!だけど、それもなんだか楽しかったり。ガスがない、お湯も出ない、水洗トイレもない、だけど自然はある。そんな自然と向き合う暮らしについて妄想してみました。

別荘での小屋暮らしを妄想してみた

山梨県北杜市。

八ヶ岳甲斐駒ケ岳(ともに日本百名山)といった山々に囲まれたこの場所は、市のおよそ3分の1が冷涼な山岳高原地というエリア。

名水にも恵まれ、おいしいお酒やお蕎麦も食べられるこの街は、夏は特に 多くの登山者や観光客で賑わうそうです。

そんな山岳地帯のふもとに、格安で 別宅を手に入れたIさん。東京のご自宅から山梨まで、高速道路を使えば2時間半ほどで行けると、週末の別荘利用・小屋暮らしを妄想して、ご相談にきていただきました。


平屋建ての住宅。外壁は鋼板張りだが、平成4年築と建物自体はそこまで古くない。

IMG_1395
ガス管は引き込まれておらず。湯沸かしは石油ボイラー。


北側はちょっとした崖地になっていて、その下に小川があります。川からポンプで水を引きこみ、ここに溜めて生活用水に使っていたみたいね。


室内の様子|続き間だった和室2部屋はすでに天井、間仕切りが取り壊されていました。広くて、明るくて、なかなかいい空間・・・。


断熱材は入っているけど、鋼板だけの外壁ではさすがに寒そうです。北側にも窓をつくりたいなあと、妄想中。


(左)1坪サイズの浴室空間と小さめの浴槽。 (右)スペースにゆとりのあるトイレは、汲み取り式。

Iさんがイメージしていたのは、2004年に中村 好文氏によって設計された「LEMM HUT」—電線、電話線、上下水道、ガスが繋がれていないエネルギー自給自足を目指した実験住宅です。

なので、この場所でどういう暮らしをしたいかも、はっきりしていました。

1、お風呂はいらない→ここで毎日過ごすのではないので、近くの銭湯などが利用できれば大丈夫、と。

2、水道もいらない→近くに川があるので、水を汲んでくれば大丈夫、と。

3、給湯設備もいらない→銭湯を利用するのでお風呂用のお湯はいりません、と。
電気があれば、ポットやケトルでお湯は沸かせるので、と。

4、トイレはコンポストトイレでOK→なので、給水も排水もいりません、と。

5、排水設備もいらない→キッチンシンクの排水はポリタンクに溜めます、と。

6、ガスコンロもいらない→七輪など炭を使って調理します、と。

7、暖房設備もいらない→暖炉があれば、と。

キャンプに近い感覚かもしれませんね。エネルギーに頼らない小屋暮らし。いいですねー、聞いているだけでワクワクします。もちろん、不自由さはたくさんあるとは思うのですが・・・でも、憧れますね。

さて、そんなご要望とともにラフプランをつくってみました。

ある程度はDIYで改修を検討したけれど、距離的にも難しいのでプロの手を借り進行に拍車を掛けたい、そして、子どもたちと泊まれる物件にしたいというのが、今回のIさんの想い。


利用しない期間の活用も考慮して、「ゲストハウス」兼「別荘」のラフプランをつくってみました。

だけれど・・・結局、ご用意していた予算からは大きく離れていきそうで

そもそも大きな金額を掛けて改修することは本意でなく、、、ただ、DIYで直していくレベルを大きく超えているという考えから、今回のプロジェクトはいったん休止して「見直し」ということになりました。

だけど、妄想するだけでワクワクできるステキな小屋暮らし。いつかはぜひ実現してほしいなあと、勝手ながら願うのでありました。