その人らしい生き方、暮らしを応援しますみのり制作室

読みもの

2015年03月23日 (月)

漏れているんです

困ったときの知恵袋

漏れているんです
新年明けて早々の話ですが。僕が住むマンション内の一室で漏水があったらしく・・・ご相談とともに、緊急で対応させていただくことになりました。もともと漏水ってどんなことが原因で起こるの?こんな時はどう対応するのがいいの?一つのケーススタディですが、参考になればと思います。

漏れているんです

今日は、漏水のお話を少し。

新年、明けて早々、僕が住むマンション内で漏水があったらしく・・・
ご相談とともに、緊急で対応させて頂くこととなりました。

被害のあった住居を見せてもらうと、確かに天井に水じみが。今は止まっているけど、水がぽたぽた落ちてきて、とっさに受けたバケツもいっぱいになったんだとか。あらららら。

今度は、上の住居を確認してみることに。キッチン、トイレ、洗面、浴室など、漏水の原因となりそうな設備機器を確認しても、特に漏れている様子はなさそう。

「うーん・・・。現状の目視だけではちょっと分からないなあ。」

しみのあった箇所のちょうど上が和室だったということもあり、畳下の床を開口してみようということになりました。そこで、日を改め、水道の職人さんとともに調査に訪れることに。

そして、後日。
和室の床下を開口してみると・・・

「おおっ・・・。水がたまっている。」

深さにして2センチくらいの水が、プール状態です。

「これだけの水が溜まっていて、よく天井のしみぐらいですんだもんだなー。」と思いながらも、その状況に今度は原因が何か?と、悩むことに。

「うーん、このあたりに給水の配管はなさそうだし・・・」

ちなみに、見取り図はこちら↓↓↓

見取り図

その後、物入内の床ベニヤを剥がして床下の状況を確認してみるも、このあたりは割と乾いている。どうやら、この付近ではなさそう。

「うーん、リビングの床下を這う配管かなぁ」

リビングの床下には、ベランダの給湯器へ向かう給水管と 給湯器から戻ってくる給湯管があるのは知っていました。このあたりが原因なのでしょうか?


たまった水を取り除くのに、バケツで何杯も。

とりあえず、“たまった水を雑巾で吸い取り バケツに絞っては捨てる” という単純作業を繰り返しながら、原因を思いあぐねていると、職人さんが

「給湯器の止水栓を止めて、水道メーターをチェックすれば、給水管なのか給湯管なのかわかると思うよ。」と。

「おお!!ナイス!これで原因の手がかりが見つかるかも?!」

と思ったのもつかの間。メーターを確認してもらったけど、どうやら漏れている水が微量らしくメーターもまわらないみたい。

「うーん、どうしよ。困ったな・・・。」

そこで、住人さんと話して、やむなくリビングのフローリングに穴を開けることになりました。特に、配管のジョイントがありそうな位置に検討をつけて。

→つづきます

 1   この記事は全2ページです。